愛知県名古屋市の緊急便 単身引越し | 赤帽ユアササービス

名古屋の運送の歴史

名古屋の運送の歴史

名古屋の運送事情
名古屋の運送は、川を中心に発展してきました。
特に主要な川となったのが、「堀川」です。
堀川は、慶長15年(1610年)に開削され、多くの物資を運ぶ際に利用されていました。
その名の通り名古屋城の堀に沿って流れており、城下町への物資供給に欠かせない存在でした。

「黒川」の開削
時代は、代わり明治10年(1877年)には、犬山方面からの物流改善のために「黒川」が開削されました。
従来、木曽川経由で1週間かかっていた物資の搬入が黒川開削により、4時間に短縮され、物資の行き来がより活発になりました。
明治44年には、堀川沿いと瀬戸を結ぶ瀬戸電気鉄道が開通しました。
景雲橋という橋のたもとには「堀川駅」が設けられ、地面よりしたから電車を眺めることができる珍しい駅となっていました。 瀬戸との線が開通し、瀬戸からは陶器などが堀川を通って、名古屋港まで運ばれるようになりました。
そんな瀬戸との流通を担っていた「堀川駅」ですが昭和51年(1976年)には名鉄瀬戸線の栄への乗り入れによる廃線に伴い取り壊されました。

中川運河と松重閘門
堀川が運送の要として活躍した最後は、昭和7年(1932)に当時「東洋一の大運河」と称された中川運河との接続です。
松重閘門によって元々水位差があり、流通が出来なかった2つの河川を行き来できるようになりました。
これにより、堀川の舟運の混雑が緩和され、中川運河への通航船舶は年々上昇し、昭和39年(1964年)にはピークを迎え75000席を超える船舶が往来していました。
しかし、昭和40年移行は、トラック運送の発達により、船舶での運送は減少しました。
そして、昭和43年には松重閘門はその役目を終え、閉鎖されました。

名古屋の物流は堀川に始まり、多くの発展を遂げてきました。
特に大きな河川(木曽三川)が近くにあり、海も近い立地の名古屋では水上運送は重要な役割を担っていました。
現在水上運送は、私達赤帽を始めとしたトラックに代わり、名古屋の運送を支えています。
先人達が河川で行っていた貨物の運送を、赤帽はトラックによる軽貨物運送、単身引っ越しで支えています。

愛知県名古屋市内の急な配送や夜間・早朝のご依頼も承ります!

Service
チャーター便・定期便・単身引越しなどの【赤帽 ユアササービス】のサービスのご案内です。早朝や夜間など、緊急で届けたいという場合も、年中無休営業の当社にお任せください!
Q&A
よくいただくご質問をまとめました。はじめてご利用の方はまずはこちらをご確認ください。その他、出来る限りお客様のご要望にお応えします。些細なことでもまずはご相談ください。

052-991-2760

サービス案内

Information

〒462-0847
愛知県名古屋市北区金城1丁目2番
名古屋市から軽貨物の運送を行う【赤帽 ユアササービス】です。急に届けてほしいというときに便利な緊急便もご利用ください。ご相談・お問い合わせお待ちしております!
名古屋市内16区の緊急便承ります!
北区、西区、東区、中区、中村区、昭和区、瑞穂区、熱田区、中川区、港区、南区、守山区、千種区、緑区、名東区、天白区
名古屋以外の愛知県内及び周辺地域も積極対応中です!
愛知県から全国へ配送致します!
  • 052-991-2760
  • facebook
  • twitter

Pagetop